赤ちゃん用品で本当に必要だったもの【生後3ヶ月】

赤ちゃん用品で本当に必要だったもの【生後3ヶ月】育児と生活

みなさん、こんにちは。

我が家の子どももそろそろ3ヶ月。体重もほぼ2倍の6kgを超えました。

短いようで長かった3ヶ月ですが、本当にあって助かったものヘビーに使い込んだもの意外と使わなかったものなど、いろいろあります。

今日は、生後3ヶ月間の育児のなかで、本当に必要だったものについてまとめました。

事前にいろいろと購入・レンタルしておこうという方、何が必要で、何が必要でないか、ぜひ参考にしてください!

この記事でお伝えすること

  • 事前に準備しておいて、使用頻度も高かったもの
  • 事前に準備しておいたけど、実際はあまり使わなかったもの
  • 事前に準備していなかったけど、あとから必要になって買い足したもの

上記の3点について、記事にまとめています。

事前に準備しておいて、使用頻度も高かったもの

哺乳瓶

もちろん、いくつかは準備すると思うのですが、数が多い方が圧倒的にラクです。

我が家では最初2本用意していたのですが、ミルクを飲む頻度が多い(最初は3時間おき=1日8回)ので、2本では回らないのです。

洗って、煮沸消毒して、という処理を頻繁にやらなければいけないのが大変で、結局、いま哺乳瓶が5本になっています

これだけあれば、ローテーション的にもラクです。哺乳瓶は本数を多めに用意しておくことをオススメします。

ロンパースなど着るもの

※消耗品かなと思いましたが、一応入れておきました。

哺乳瓶と同じです。最初は5着くらい用意していたのですが、やっぱり足りませんでした。

ミルクを履いたり、おしっこで汚れたり、1日に複数回着替えさせることもあるので、多めに用意しておくと良いです。

フリマアプリなどで、大量に安く買うこともできるので、見てみてはどうでしょうか。

ベビーベッド

これは、みなさん用意すると思います。ただ、もし用意する予定がない、という方には「用意しておくといいよ」ということをお伝えしたいです。

効用としては2つあると思っています。

  • 赤ちゃんに独立した空間を確保してあげられる
  • 高さを出して、大人が世話しやすい位置における

生後3ヶ月経ったいまも、赤ちゃんが大半の時間を過ごすのはベッドの上です。

添い寝とかもしてあげたいと思ったりしますが、赤ちゃんがすぐそばに寝ていると、こちらは緊張してしまって寝られなかったりします。

できれば、大人の過ごす空間とは一線を画した空間を、きちんと確保してあげられると、赤ちゃんも大人も快適に過ごせると思います。

また、我が家には畳の部屋があるので、最初は床に寝かせて世話をしようと考えていました。

ただ、立ちあがって抱っこすることも多いし、3ヶ月で体重が倍になりますから、あまり床に座る・立ち上がるを繰り返していると腰にきます。

やっぱりしばらくの間は、ベッドに寝かせてあげておくと良いのかなと思います。

事前に準備しておいたけど、実際はあまり使わなかったもの

抱っこひも

何回かは使ったのですが、そこまでヘビーには使いませんでした。

製品としては「生後1ヶ月から使える」というものを買いはしたのですが、3つの理由で利用を躊躇しています。

  • 首が座っていないため、後ろに反ってしまいがちだった
  • 腰も不安定のため、息が苦しそうだった
  • 股関節を大きく広げないと抱っこができなかった

生後3ヶ月現在、まだ首が座っていません。首が思いっきり後ろに反ってしまったり、逆にボクの胸にがっくりうなだれてきたり。あまり快適そうではありませんでした。

また、腰と背中もまだしっかりしていないので、抱っこの姿勢では背中が丸まってしまいます。これも息が苦しそうでした

抱っこする時、ボクのお腹のあたりに子どもの足を密着させるのですが、けっこうしっかりと股関節を開いてやらないとならず、これを嫌がる素振りをしていました。

抱っこひもの使い方教室みたいなものもあるみたいなので、参加してしっかり使い方を学べば、もっと積極的に使うようになるかもしれません。

おもちゃ

鳴り物系(鈴やカチャカチャ音がする木製のものとか)のおもちゃをいくつか用意していました。

ただ、生後3ヶ月だとまだ自分の意思でしっかりものを掴む、ということはしていません(反射的にものを握ったりはしますが)。

今後、興味を持って遊んでくれるかもしれませんが、生後3ヶ月時点はほとんど使う機会がありませんでした。用意するにしても、もう少し成長してからで良かったかもしれません。

メリー

おもちゃとちょっと似ていますが、メリーも全然使っていません。

もう少し大きくなってからなのかな? 現時点では、目で動きを追ったりはしますが、これですごく落ち着いてくれるとか、音楽を聞いて寝てくれるとか、そういうことはありません。

寝かしつけは、やっぱり抱っこしてやらないと、ダメですね。

揺り椅子

当初はバウンサーを用意しようと思っていたのですが、「おとなになっても一生使える」という謳い文句の揺り椅子?みたいなものを購入しました。

現時点では、ほぼ揺り椅子としては使っていません。

揺り椅子の動きであれば、なんとか人でも再現できる?ので、やっぱりバウンサーを買っておけば良かったかな、と少し後悔しています

ただ、いずれ椅子として使う機会がくるかもしれません。

事前に準備していなかったけど、あとから必要になったもの

ベビーカー

当初は抱っこひもをヘビーに使えば、ベビーカーが不要かなと思っていました。

抱っこひもをあまり使いこなせていない、という背景もありますが、抱っこひもは何しろ暑いです。この時期(2月末)ですらそうなので、真夏とかはちょっとしんどいなぁと感じました。

また、ベビーカーは荷物の収納スペースがたくさんあるので、これが1台あるだけですごく外出がラクになります。

両手が空きますし、ガタガタと揺れるのが好きみたいで、すぐ寝てくれるのも助かりました。

デメリットとしては、エレベーター移動が必須になるので、駅の改札やモールの階移動がちょっと面倒くさいです。

ベビーベッド

2回目の登場です笑

寝室用とリビング用です。ホント、生後3ヶ月では、赤ちゃんはほとんどベッドの上で生活しているので、寝室とリビングでベッドを移動するのが面倒くさくて、2台用意しました。

ちなみに、どちらもレンタルで用意しました。

寝室のベッドの高さに合わせたもの、リビングのソファの高さに合わせたもの、それぞれを借りていて、重宝しています。

迷ったら保留でOK。急いで用意する必要なし

ボクのいちばんの後悔は、揺り椅子です。しばらく使わなそうだし、そのくせ場所を取るのでちょっと邪魔……。

正直、必要かどうか迷ったら保留で良いと思います。理由があります。

必要になったとき、購入に時間がかかるものがないから、です。

ベッドにしろ何にしろ、買おうと思ったらネットですぐ買えます。人気で品薄になる、ということはほとんどないので、「これやっぱりあった方が便利だな」と思ったら、そのタイミングで買えば(レンタルすれば)それでOKかなと思います。

無駄なものを買うのももったいないですが、何しろ家のスペースを占拠するものを買ってしまうのが、いちばん後悔すると感じました。

いかがでしたでしょうか。
ちなみに今回、おむつやミルク、おしりふきのような消耗品については、除外しました。消耗品は、100%必要なので、これは買っておきましょう。

ただ、おむつなどはサイズがあるのと、すぐにサイズアウトしてしまう可能性があるので、あまり大量に買い溜めしすぎない方が良いです!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました