【#2】移住の障壁になることを確認しよう【湘南移住】

ビーチライフ

みなさん、こんにちは。

前回「湘南移住計画」として、移住を思い立ったきっかけなどを書きました。
(詳細は前記事「【#1】湘南移住計画【海のある暮らし】」をご覧ください)

今回は、移住計画の障害となるものを、一つずつ検証して潰していきたいと思います。
ボクは主には、以下のことについて家族と話し合いを行ないました。

 ・移住についての同意を得る
 ・子育て環境を確認する
 ・暮らしに不便がないか確認する
 ・仕事への影響を確認する
 ・新しい物件を確保する
 ・いま住んでいる物件を処理する
 ・諸々の費用を確保する

■移住についての同意を得る

移住に際しては、まずは家族の同意を得る必要があると思います。

もし子どもが小学校に通っていたら、仲が良い友人ができているだろうし、嫁さんも親同士の付き合いなどがあって、簡単に引っ越しができない可能性があります。

その点、ボクの家はラクでした。
子どもはまだ小さい(保育園も行っていない)し、嫁さんも今回の移住計画に賛同してくれたからです。

現在、嫁さんのお義母さんとすごく近くに住んでいるのですが、いざ引っ越す際はお義母さんもついてきてくれるとのこと。とくに反対もなかったのでありがたかったです。

■子育て環境を確認する

何をもって「子育てしやすい」とするかは難しいですが、一つの指標として「待機児童数」の推移があると思います。

気になって調べてみたところ、いま住んでいる川崎市はかなり頑張っていて、ここ数年で待機児童数をかなり減らしていました

2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年
川崎市1485153433989100374252197
藤沢市48342647815399365347288
鎌倉市7660103701086917390
茅ヶ崎市160174169196160116140104
保育所等利用待機児童数(令和元年 10 月 1 日現在)の
状況について

一方で、移住を検討している湘南エリア(藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市を検討しています)も頑張って減らしているものの、藤沢市に関しては2019年時点で川崎市よりも待機児童数が多いという状況のようでした。

さらに調べてみると、実際には駅近の保育園は人気が高い反面、駅から遠い保育園には空きもあるとのこと。

湘南エリアは、国道1号線こそ交通量が多いものの、それ以外は車通りが少なく通学はしやすいこと、遊園地などはないけど豊かな自然があること、そのほか公園が多いなど、子育てに関してはメリットが大きいということは、調べてみてわかりました。

とはいえ、辻堂海浜公園とかもあるので、やっぱり子どもの遊び場には困らないと思います。

不動産屋さんに聞いたところ、都心部から湘南への人口流入がものすごく増えているようで、藤沢市としては保育園などを増やそうとかなり頑張っているとのことでした。

藤沢市以外の候補である鎌倉市茅ヶ崎市については、川崎市よりも待機児童が少なくなっています

いま住んでいる地域には、近くに保育園が全然ないので、いまよりは良い環境にはなるでしょう。

■暮らしに不便がないか確認する

ボクらの場合は、スーパー病院コンビニ子ども用品店が家の近くにあれば良いだろう、ということになりました。

本はアマゾンでOK。洋服なんかも土日にちょっと遠出して買えます。

オムツやミルク、離乳食なんかも通販でいいんですが、急に必要になったときなどは、やっぱり近くで買えると安心です。

幸いなことに、ボク自身はいまのところ病院にやっかいになることがほとんどありません。
ただ、子どもは定期健診や予防接種があり、定期的に病院に行く必要があります。

これらを確認したところ、スーパーも病院もアカチャンホンポも、ちゃんとありました

コンビニだけは、家の場所にもよりますが、すぐ近くというわけにはいかないかもしれません。
まぁでも、生活に困るというほどではなさそうでした。

湘南近辺のコンビニ
湘南近辺のコンビニ(赤いピン)

検索してみると、辻堂駅北口にコンビニが多そう
アカチャンホンポも、辻堂駅北口のテラスモールに入っているようです。

辻堂駅が便利そうですね。

■仕事に影響がないか確認する

ボクはサラリーマンなので、この部分がいちばん大きいと思います。

コロナ禍の状況でリモート・在宅勤務が増えたとはいえ、それがいつまで続くかわからない。
会社が都内の場合、通勤時間はこれまでよりも長くなる。
終電が早くなる。飲み会も早めに切り上げる必要があるかもしれない。

オフィス勤務に戻った場合、都心から離れることはデメリットになります。
が、湘南からなら都心まで通えないこともないと考えています。

最悪の場合、通勤片道2時間になっても耐える覚悟です。

通勤の点でも、辻堂駅なら湘南新宿ラインで渋谷・新宿まで一本で出られるので便利だと思います。

■新しい物件を確保する

これが最大の楽しみですよね!
詳細は次のブログ記事で書こうと思います。

■いま住んでいる物件を処理する

現在は分譲マンションに住んでおり、住宅ローンを返済途中です。

いまのところ、賃貸ではなく新しく物件の購入を考えているのですが、不動産屋さんに聞いたところ、この場合の対応方法としては以下2つがあるようです。

 ・売ってから買う
 ・買ってから売る

わかりやすいのは、「売ってから買う」でしょうか。
いま住んでるマンションを売却し、住宅ローンも一度完済する。
いったん、借り入れも持ち家もないスッキリした状態になってから、新しく物件を購入します。
スッキリしていますが、引っ越しはマンション売却後になるため時期が先になってしまうことです。

また、住みながら買い手を探すことになるので、家具などがある状態で内見に来る人を迎えなければなりません。これはちょっと恥ずかしいかもしれないですね……。

買ってから売る」場合、引っ越し自体はすぐにできますが、一時的に住宅ローンが二重になります
売却までどのくらいかかるかわかりませんが、数ヶ月の間、二重ローンに耐えられるならこの方法がスピーディーですね。
(不動産屋さんには、おおよそ3ヶ月あれば売れるだろうと言われました)

また、そもそもローンが通らない可能性もありそうです。

個人的には「買ってから売る」が希望。なぜなら早く引っ越したいから

その場合、売却金額は下がるものの、業者にお願いして新規購入費用と売却費用を相殺するようなやり方もできるようです。

■諸々の費用を確保する

不動産屋さんに概算を聞いたところ、どうやら購入時とトントン、もしくは少し高く売却できそうです。

また、すでにローンの返済も進んでいるので、売却差益である程度まとまったお金は作れそう
これらを頭金や引越し費用、その他の必要経費に回せると考えています。

ただ、物件購入の大半は住宅ローンに頼ることになります。
なので、実際にどういったところに入居できるかは、銀行の審査次第です。

次回は、実際の物件探しについて記事にまとめたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました