育児と生活

スポンサーリンク
育児と生活

育休を取るときに、会社から言われた言葉【実話】

全然、まだまだ一般的なことではないのです。

「男性が育休を取る」という報告を受けた上司や先輩は、なんとかその異常事態を理解するために、「あいつは会社を辞めようとしているんだ」とか、「奥さんが病気だから仕方ないんだ」とか、そういう理由を探します。

育児と生活

なぜ少子化になるのか分かった【当たり前の話】

子育ては大変だし、自分の時間もほしい。
だけど近くに頼れる人はいないし、パートナーともケンカばかり。
お金もなくなってきて、仕事面も不安。

これでは、子どもがほしいと思えなくても仕方ないのかなと思います。

育児と生活

赤ちゃんのためにamazonで買ったものすべて晒す【3ヶ月】

あとは、我が家では赤ちゃん本舗に大変お世話になっています。とか、お尻ふきとか、お風呂用のグッズとかは、赤ちゃん本舗で購入することも多々あります。

赤ちゃん本舗も通販をやっているので、新型コロナウイルスで外出を避けたいいまでも、なんとか必要物資は揃えることができると思います。

ただ、おむつも買い占めされているみたいなので、今後も欲しいときに手に入るかは少し心配です。

育児と生活

育児に挫折しても、日々は続いていく件【切り替えよう】

ただし、「やってらんねー!!」と思っていても、現実は変わりません。対処するしかないのです。
だって、子どもと嫁さん置いて、家を出ますか? 実家に帰る? 何と言って?

この辺、すごくシビアですよね。仕事でさえ、本当に嫌なら辞めるという選択肢がありますが、子育てについては途中棄権がありません。責任を、誰かに委譲することもできないのです。

育児と生活

赤ちゃん用品で本当に必要だったもの【生後3ヶ月】

正直、必要かどうか迷ったら保留で良いと思います。理由があります。 必要になったとき、購入に時間がかかるものがないから、です。

ベッドにしろ何にしろ、買おうと思ったらネットですぐ買えます。人気で品薄になる、ということはほとんどないので、「これやっぱりあった方が便利だな」と思ったら、そのタイミングで買えば(レンタルすれば)それでOKかなと思います。

育児と生活

赤ちゃんを泣き止ませる方法7選【実践編】

ただ、ぐずって泣き止まないことももちろんあります。どうしても泣き止まないときは嫁さんにお願いしたりするのですが、最近、ボク自身もいろいろ技術が身についてきて、うまく寝かしつけられることも多くなってきました(嬉)。

今日は、ボクが実践している寝かしつけのテクニックを披露します。ちなみに、子どもは現在生後2ヶ月。月齢によって方法は変わるかもしれません。

育児と生活

男性の育休、取得の決め手は勢いです【実体験】

ボクは実際に今、育休中なわけですが、育休を取得すると決めたとき、正直これと言った特別な決め手があったわけではありません。

強いて言うなら、最後は勢いでした。

なぜなら、「デメリット」に挙げた事柄については、今日明日、簡単に解決できるものではないから、です。

勢いがないと「やっぱり育休を取るのはやめておこう」という結論になるのが普通なのかなと思います。

育児と生活

もしかして男性は育休を取りたくないのでは??【考察】

どこかに「育児からの逃げ」精神がある気がします。「正直、子育てのメイン担当者はお母さんでしょ」と考えていて、「だからボクはできる範囲で(最悪ゼロになるけど)手伝うよ」というのが、正直な気持ちなのではないでしょうか。

育児と生活

男は育児に参加しないことの実態【考えてみた】

少し前ですが、「育児取得中の男性の育児参加時間が1日2時間以下である」という調査結果が出た、というニュースがあったのをご存知でしょうか。

育児と生活

子どもの誕生で夫婦のかたちは変わる【発見】

子どもが生まれることで、いろいろな生活の変化があります。まとまった睡眠が取れなかったり、自分のことよりも子どもの世話を優先するシーンが多かったり。変化したものの中で、もっともインパクトの大きな変化というのは、嫁との関係=ボクたち夫婦の関係が変わったことです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました