その日はいきなりやってくる【おむつ替え】

その日はいきなりやってくる【おむつ替え】育児と生活

こんにちは。育休を取得して早2週間が経過しました。

当面は、少し時間をさかのぼった内容を記事にしていくことになると思います。

ここ最近は慣れてきましたが、おむつを替えるのがいまのボクの主要なミッションの一つです笑

最初は、オシッコのときですらおむつを替えるのに四苦八苦していたのですが、最近はウ●チのときでもうまく替えられるようになってきています。人って成長するものです。

想像以上に早いタイミングでやってくる”それ”

当然ですが、赤ん坊とはいえ、生まれれば母乳やミルクを飲みますし、オシッコやウ●チもします。

なんなら大人よりもハイペースで排泄をしますので、一日に何度もおむつを替えることになります。

初めておむつを替えたのは、出産直後、嫁と子どもがまだ入院している最中のことで、お休みを取って見舞いに通っていました。

気分的には、子どもの顔を見て、抱っこして、嫁の苦労をねぎらって、しばらく滞在したら帰る、というくらいの軽い気持ちでいたのですが、全然そんな感じではなく……笑 

頻繁におしっこやウ●チをするし、嫁が疲れて寝ている、食事中、トイレ中、助産師さんが来ている、など嫁が手を放せないタイミングもあります。

なにせ育休を取っているボクですから笑、おむつ替えで怖気づくわけにもいきません。

そういうわけで、一人でおむつ替えにチャレンジする機会は想像よりもはるかに早いタイミングでやってきました

初めてのおむつ替えは、いきなりのウ●チ!

抱っこしていると、オシリあたりにあるボクの手が温かくなり、おしっこかウ●チかどちらかをしたな、というのはすぐにわかりました。

とりあえず習った通り、子どもを寝かせて、おむつのテープを外して、両足とオシリを持ち上げて見ると……、見るまでもなく匂いでウ●チとわかりました。

初めてのおむつ替えは、いきなりのウ●チでした!

難しいのは、オシリを拭くために両足を上げておくのですが、これを片手でやらなくちゃいけないということ。

また、そのために手が片方ふさがれてしまうので、拭く作業自体も片手でやらなくてはいけないということ……。

しっかり拭き取るには両手でやりたいのですが、ここで足を押さえている手を離すと、足にウ●チがついてしまいます。

二次被害を防ぐためにも、なんとか片手で拭くのですが、これがめっちゃくちゃ難しく、最初は10枚以上オシリ拭きを使ったはず……。

あんまり強く足を引っ張ると股関節を脱臼する、という記事も読んでいたので、どの程度の力を加えていいのか全然わかっていませんでした。

ただ後日、助産師さんが(けっこう乱暴に?笑)おむつを替えるのを見て、「あぁ、このくらい力をかけても大丈夫なんだ」というのをようやく知りました。

知ったところで、同じようにはできないのですけどね笑

慣れても難しいものは難しい

いまは、ある程度慣れてきて、おしっこの時は一人でもおむつをうまく替えられます。

ただし、ウ●チのときはやっぱり一人では難しいです。嫁と二人がかりでやれると、時間的にもおしり拭きの消費枚数的にも、うまくいきます。

一方が足とオシリを押さえておく係、もう一方がそのスキにオシリを拭きつつ、新しいおむつを装着させます。

我が家はツーオペ前提で動けているので、この辺は本当にラクだと思います。

もう少し慣れてきたら、おしっこ・ウ●チのおむつ交換のコツをまとめたいと思います。

今回はこの辺で。読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました