育休取得、趣味の時間はなくなるの?【真実】

育休取得、趣味の時間はなくなるの?【真実】好きなこと

みなさん、こんにちは。

育休を取ろうとしている人のなかには、こんなことを感じてモヤモヤしている人もいるのではないでしょうか。

もし育休を取ったら……

  • 自分の時間がまったく取れなくなるのでは?
  • 時間が取れればチャレンジしたいことがあるけどできそうかな?
  • 趣味は続けたいけど諦めなくてはいけないの?

こういった疑問に答えるため、ボク自身の経験ではありますが、実際に時間をどうやりくりしているか、書いてみたいと思います。

サラリーマン時代

育休取得前の生活スタイルです。

←こんな感じ。

唯一、こだわっていたのは早朝トレーニングで、早めに起きて、会社の近くのジムで筋トレしていました。

そのためにちょっと早起きしていた以外、あまり特別なことはありません。

夜にも「自由時間」とありますが、だいたいダラダラとテレビを観たり、スマホをいじって終わってしまっていました。

子ども新生児時代

子ども新生児時代のタイムテーブル

子どもが生まれた直後~生後2ヶ月くらいまでの生活スタイルです。

育休を取得したので、「会社」の項目はなくなりました。

ただ、生活は激変。ミルクと寝かしつけのため、3時間おきに起きる必要あり。いちばん寝不足がツラかった時期です。

「自由時間※」は、一応手は空いてるけど、泣いたりぐずったりしたらすぐに対応できるように、構えてある必要がある時間。

ボク個人は、精神的にもこの時期がツラかったです。やりたいことがあったけど、全然時間がない。仕事をしていない劣等感もあったり。

慣れていないことも多いし、とにかく大変な時期でした。

子ども生後2ヶ月時代(2020年2月現在)

子ども生後2ヶ月時代のタイムテーブル

生後2ヶ月以降の、ボクの生活スタイル。

この時期、大きく変わったことが2つあります。

1つは、子どもがけっこう長い時間、まとめて寝てくれるようになったこと。

もう1つは、ボクが朝活を始めて、4時に起きるようになったことです。

日中も「自由時間※」があるものの、やはりスタンバイ状態なので、あまり「自分の時間」という感じはありません。

なので朝ちょっと早起きして、いろいろ作業をしています。この時間は子どもも嫁も寝ているので、気兼ねなく、後ろめたさもなく、やりたいことをやっています。

ただ、子どもの成長は日進月歩。きっとまた生活スタイルは変わると思います。夜泣き時期とかイヤイヤ期とか、来るみたいですからね……。

時間を比較してみると、こんな感じです。

サラリーマン新生児  生後2ヶ月
会社(仕事)11時間0時間0時間
睡眠5.5時間4.5時間4.5時間
自由時間2.5時間0時間3.5時間
自由時間※0時間1時間4時間

「自由時間」は完全に自由にできる時間、「自由時間※」は子どものそばでスタンバイしつつ、好きなことができる時間です。

結論:工夫次第で時間は作れる

やっぱり、子どもが生まれて間もないうちは、なかなか時間は取れないと思った方が良いように思います。パートナーも出産直後で体調万全ではないですし、男性の頑張り時という気がします。

スキマ時間を活用して時間を捻出したり、工夫次第で自分の時間は持てると思います。

ボクの場合は、単純に「睡眠時間を削る」ことで時間を捻出しました。工夫というか力技です……。ただ、この時間があることが、個人的には充実につながっているので、多少眠くても頑張って起きています。

日中、子どもに対してフルで向き合えるのも、「朝、自分のやりたいことはやったしな」という燃焼感があるからだと思っているので、しばらくはこのスタイルを続けたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

※タイムテーブルはあくまでも一例です。外出する日もあるし、なかなか寝てくれなくて1~2時間あやし続ける場合もありますし。ご参考まで。

※あと自由時間は結構昼寝しちゃいます……。睡眠時間短いですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました