証券会社はどうやって選びばいいのか【初心者流】

証券会社はどうやって選びばいいのか【初心者流】仕事とお金

みなさん、こんにちは。

前回のブログでは、「投資を始めない理由はない」ので、「まず行動しましょう」という内容を書きました。

極意は、 「毎月少しずつ、多少の変動には惑わされずに買い続け、もしものときのために投資先をわけておく」 です。

今回の記事は、とりあえず証券会社に口座を作りたいけど、数が多くて比較が大変、どこで作ればいいのかわからない、という方に向けて書いています。

ちなみに結論から言うと、証券会社はフィーリングで決めていいと思います。理由は後述します。

この記事でお伝えすること

  • ボクがどういう株を買いたいと思っているのか
  • 初心者流の証券会社の見極め方
  • 最終決定はフィーリングでOK

上記の3点について、記事にまとめています。

アメリカ株が買いたい!

前回、「積立」「長期」「分散」という極意を学んだのですが、ボクが投資を行なううえで、もう一つだけこだわりたいことがあります。

それは「アメリカ株を買う」ということ。

理由は2つあって、1つは友人がアメリカ株をやっていたこと(調子も良さそうだった)、もう1つはアメリカのIT企業のような、爆発的な急成長に乗っかりたいなと、なんとなく思っていたことです。

というわけで、このポイントを軸に証券会社を決めようと思いました。

ぼんやりとでもいいので、方針的なものがあると、決めやすいかもしれません。

初心者流、証券会社の見極め方

正直、証券会社の比較サイトってめちゃくちゃたくさんあります。

それを見て、No.1の証券会社に決めてしまっても良いのですが、たとえ考えが浅いとしても、自分で見て決めたいと思っていました。

聞いたことがある証券会社は、↓このくらい。

  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券
  • SBI証券
  • カブドットコム証券

ほかにもあるかもしれませんが、まずは自分の目でこれらの会社を見てみようと思います。

仮設としては、「その会社の売りは、HPのトップ画面にあらわれる」だろうと考えています。いちばん伝えたいことは、ドーンッと大きく表示させるだろうと。

その前提で、各社が何に力を入れているのか、を見ていきましょう。

マネックス証券

マネックス証券

検索してみると、検索結果画面にすでに「アメリカ株」「米国株・中国株」の文字が!

また「手数料が安い」こと、「IPO(新しく上場する会社の株に投資する)に対応している」こと、「アメリカ株の商品ラインナップが多い」ことが強みみたいです。

マネックス証券

TOP画面の上部のスライダーにも「USAプログラム」とあります。

ちなみにスライダーは3ページあって、2ページがアメリカ株について、もう1ページはPayPayについてでした。

少額からはじめる投資」というのも、ボクのスタイルに合いそうです。

パッと見た感じのHPの印象も、情報がよく整理されていて見やすいです。
個人的には好印象です。

楽天証券

楽天証券

「SPU」という単語が何かわからなかったのですが、楽天のポイントプログラムみたいです。ポイントを投資に回せる、ということみたい。

ボク自身はあまりヘビーに楽天を使っておらず、ポイントも全然持っていないので、この点は惹かれず、でした。

商品自体は、まんべんなく取り扱っているよう。

楽天証券

楽天市場と似た感じかなと思いました。

いろいろありそうで楽しそうな印象ですが、メニューの多さとかを見ると、ボクとしてはちょっと情報が多くて処理しきれず……。

投資の初心者なので、あまり情報過多だと考えることをストップしてしまいます
「これだけやればいいよ」と言ってくれる方がラク。

おそらくですが、楽天を普段使いしている人にとっては、ものすごくお得なのかなと思います。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOは、「FX」の文字に目を引かれました。
FXはやってみたいんですけど、今回のボクの方針からは外れてしまいます。

外為オプション(バイナリーオプション)、CFDなど、ちょっと難しい単語が並んでいました。

GMOクリック証券

TOP画面はすごく見やすいです。

検索画面にも「デモ」の文字があったのですが、HPを見るとデモ取引が充実していそう
ただ、ボクとしては一刻も早く取引をしてみたいので、最初からリアル取引でいきます。

何冊か読んだ本にも、「リアル取引とデモ取引は、やっぱり違う」とあったし!!

SBI証券

SBI証券

株、FX、投資信託、米国株式、債権……、いろいろ書いてあったのですが、検索画面からは推しがわからず

過不足なし、という印象です。

SBI証券

TOP画面は情報が多いと感じました。初心者はいったいどこを見れば良いんだろう……と、この1ページだけで迷子に笑

玄人にウケそうな印象でしたが、ボクとしては少し敷居が高かったです。

カブドットコム証券

カブドットコム証券

検索画面は「あれ……?」という感じ。情報が少なすぎて判断できません。

情報は多すぎるのも少なすぎるのも良くないですが、少なすぎると判断の対象にならないですね。

カブドットコム証券

TOP画面は親しみやすいと感じました。

「ジオン公国」みたいなガンダムコラボコンテンツもあって、読みたい気にさせてくれます。

証券会社はフィーリングで選んでいい

結果として、ボクはマネックス証券で口座を開設しました。

最終的には、比較サイトをチェックして(?!)、きちんと評価されていることを確認しました笑

各社ごとに、細かいサービスの違いはもちろんあると思うのですが、最後はフィーリングで決めて良いと思います。

というのも、比較項目が多すぎて思考停止・行動停止になってしまうことの方を避けた方が良いから、です。

よくある比較項目として、「 取り扱い商品の多さ」とか「ツールの使いやすさ・高機能さ」とか、「取引コストのやすさ」とか「サポートの充実」とかは、どこも疎かにできない領域なので、いまの時点で少しくらいケチがついたとしても、いずれ必ず改善してくると思っています。なので、放っといてOKかなと思いました。

そもそも、初心者にとってはツールが高機能すぎても使いこなせないですしね。

というわけで初心者流の証券会社決定術でした。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました