74kgのボクがトレーニングで92kgになるまで【1年半】

74kgのボクがトレーニングで92kgになるまで【1年半】好きなこと

みなさん、こんにちは。
今回は初めて、筋トレについてのブログになります。

正直、まだまだ人に自慢できるような体格ではありませんが、約1年半の間トレーニングを続けてきて、自分に自身を持てるようになってきました

今回は、具体的なトレーニング内容というよりは、1年半の間でどういう施策を取り入れて、自分の身体にどういう変化があったのか、について書きたいと思います。

これからトレーニングしようと思っている、とか、自分に自信が持ちたい、という方は、ぜひ読んでみていただけるとうれしいです!

■この記事について

  • トレーニング開始のきっかけ
  • トレーニングで実際にやったこと
  • トレーニングの頻度
  • 身体に起こった変化

上記の3点について、内容をまとめています。

■トレーニング開始のきっかけ

ボクは、小学校のころからサッカーをやっています。

運動は好きでしたし、運動神経も悪いとは思っていないのですが、昔からガリガリで色白、背が高かった(180cm)こともあって、マッチ棒が服を着たような、そんな体型でした。

スーツやワイシャツも、「ゆとりがある」というよりはぶかぶかで、見た目にも貧相な感じ笑

身体の線が細いと、洋服も似合わないんですよね。

そんな自分の体型が好きではありませんでしたが、痩せていても特段困ることもないので、とくに鍛えようと思ったりはしませんでした。

何度かジムに通ったこともありますが、長続きせずにやめてしまう、ということを繰り返していました。

身体を鍛えようと思い、かつ、いままでにないくらいきちんと続けようと思ったきっかけは、身体を鍛えてコンテストにも出ている人に出会ったから、です。

会社の同僚だったのですが、彼に「身体を鍛えたいと思う」という話をしたときに、「一緒にやりましょうよ」と言ってくれたことが、大きな転機だったと思います。

筋トレのようにツラい(そのうち楽しくなってきますが)ことは、一人ではなかなか始められません。また、すぐに結果がでるものではないので、途中で心折れて挫折してしまうことが多いのだと思います。

一緒に伴走してくれる人がいて、長く続けば結果も出ます。結果が出れば、それが嬉しくてさらに続ける、という好循環にハマれます。

加えて、「彼についていけば、きっと変われるだろう」という直感みたいなものもありました。何しろ、ガリガリの自分の身体からは、どんなにイメージを膨らませてもマッチョな自分は想像できないのですが、目の前にそれを体現した人がいる、というのは大きかったです。

■トレーニングで実際にやったこと

  • 食事のコントロール(まずは太る)
  • 胸、背中、脚の大きな筋肉中心のトレーニング

やったことは実はシンプルです、上記の2つだけです。

食事について

太っている人が痩せるのではなく、ガリガリのボクが筋肉をつけるには、まず先に身体を大きくすることから始めなければなりませんでした。つまり食事です。

正直、これがトレーニングよりキツかった……。

朝食とその後のプロテイン、昼食までの間におにぎり2個、昼食とその後のプロテイン、夕食までの間におにぎり2個とプロテインバー、夕食とその後のプロテイン……。

食事でお腹いっぱいになったあとに、体重を増やすためにウェイトゲイナーのプロテインを飲む。

キツかったのですが、体重が増えるたびに、同僚が「いいですね!」と言ってくれるのが嬉しく、いつの間にやら体重計に乗るのが楽しみになりました。

トレーニングについて

続いてトレーニングについてです。

胸部=ベンチプレス
背中=デッドリフト
脚部=スクワット

この三大種目のことを、ビッグスリーと言います。この3つの部位を中心として、メニューを組んでいきました。

トレーニングを始めたばかりのころは、どんどん上げられる重量が増えていって、これもすごく嬉しかったことを覚えています。

やはり、数字で結果が出るというのは良い刺激になりますね

ベンチプレスは最初40kgくらいしか上がらなかったものが、70kgまで上がるように。
デッドリフトは最初70kgくらいしか上がらなかったものが、100kgまで上がるように。
スクワットは最初50kgくらいしか上がらなかったものが、70kgまで上がるように。

最初が雑魚すぎる笑、というのはあると思いますが、ってかトレーニング後もまだまだ雑魚なのですが、過去の自分と比較すると、圧倒的に成長できていることが実感できます。

トレーニングの頻度

トレーニングを始めたばかりのころは、週に2〜3回、仕事が終わった後、家に帰って、夕食を食べた後にジムに行く、という感じです。

これが良くなかったのは、何しろこの時間帯は混むんですよね……。
ベンチプレスをやりたくてもラックが空いてなかったりして、やりたい種目ができないとどんどん時間が遅くなってしまって、「今日はできてないけど帰るか……」というような日も何度もありました。

トレーニング頻度自体、週2〜3回だとなかなか成長を実感することもできませんでした。

変えたのは、朝、出社する前にジムに行くようにしたこと。

少し早く起きる必要はありますが、07:00から08:00ごろまでトレーニングして、それから会社に向かう。
これが良いのは、習慣化できるので、週5日はジムに通えるようになりました。

■身体に起こった変化

身体に起こった変化ビフォア&アフター

上の写真、左のビフォアはトレーニング前で74kg、右がアフターで92kgです。

結果としては、体重が18kg増えました

一応、体組織計で見る限り、脂肪量はほとんど増えず、筋肉量が10kg増えた、という結果です。

ずっと増え続けた、というよりは、一気に上がったあと、少し減って、また上がって、という感じです。
何しろ、トレーニング開始直後、食事を変えた直後は、本当に身体が変わります

ちょうど、カネキンさん薊さんなど、Youtubeで活躍するフィジーカーの方を知る機会もあり、動画を見るのも励みになりました。

絞ってはいないので、お腹周りはぽっちゃりしています笑
これを絞り落として、次の夏には何かしら大会に参加することを目標にできればと考えています。

結論としては、次の2点かなと思います。

  • 誰かと一緒にやる(トレーニングも追い込める)
  • 数字で記録を取る(変化が目に見えると励みになる)

今後はもう少しトレーニング関連の記事も書こうと思いますが、今回はここまで。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました