新時代のカプセルホテルに泊まってみた【THE MILLENNIALS 渋谷】

新時代のカプセルホテルに泊まってみた【THE MILLENIALS 渋谷】好きなこと

みなさん、こんにちは。

今回の記事は、ホテルレビューです。

最新のカプセルホテルに泊まってみました。
最近、Youtubeでもホテルレビューがちょくちょくあって、楽しそうだと思っていたのですが、今回、ボクもホテルに泊まる機会があったのでレビューしてみます!

泊まったのは、THE MILLENNIALS(今回は渋谷。京都と福岡にもあるようです)。
めちゃくちゃおしゃれなカプセルホテルです。とは言えカプセルホテルなので、機能は必要最低限です。

実際に泊まってみると、周りは外国人ばかり。ラウンジなどもありましたが、日本人の姿は一人も見かけませんでした

なお新型コロナウイルスの影響で、とても空いていました。

入り口

TheMillenials入り口

ちょっと中まで歩いて行きます。1階はとくに施設はなく、エレベーターがあるのみ。4階の受付階に上がります。

隣はハンバーガー屋さん、道をはさんで正面にも飲食店があるので、食べるところには困らなそうです。

TheMillenialsフロアマップ

エレベーターにあるフロアマップ

5階以上が客室です。今回は5階に泊まりました。

3階、4階は共用スペース。

4階の受付でチェックインをします。

■4階

受付

チェックイン / アウトはここで。

2名体制でしたが、1名が日本人、1名が外国の方でした。観光客が多いと思うので、英語ができる方がいるようです。日本語ももちろん大丈夫です。

TheMillenials iPod

チェックインの際、iPodを渡されます。

部屋の明かりやベッドのリクライニングなどは、すべてこのiPodで操作します

TheMillenialsアメニティ

受付で受け取るアメニティ。

  • バスタオル
  • ハンドタオル
  • スリッパ
  • 歯ブラシ
  • ティッシュ
  • コットン

ラウンジ、共同キッチン

TheMillenialsラウンジ

ロビーはこんな感じ。

いまの時期は混み合っていなくて、ゆったり使えました。

写真の左側が入り口(受付)で、右側が共同キッチンです。

TheMillenials朝食

朝食にはパンがついています。

コーヒーメーカーやトースターもあります。

なお、食器類は自分で洗って片付けるスタイルです。

見た感じ、すごくキレイできちんとルールは守られているようでした。

TheMillenialsコーヒーとパン

ボクも朝食をいただきました。

TheMillenials景色

窓からの景色。

渋谷の勤労福祉会館のすぐそばです。

Apple Storeもすぐそばです。

■3階

ワーキングスペース

TheMillenialsワーキングスペース

3階のワーキングスペースです。

いちばん奥から撮った感じです。

夜22:00くらいで人も少なく、静かに作業できました。

無料のWi-Fiはあります。

左側が窓、右側はソファ席になっています。

写真の奥に見える緑色の部屋がミーティングルームで、4人席の会議室でした。

TheMillenialsミーティングルーム

4人席の会議室は、近くで見るとこんな感じ。

TheMillenialsワーキングスペースソファ席

窓側から見るソファ席はこんな感じです。

TheMillenialsフォンブース

フォンブース」という一人用の作業スペースもありました。

集中できそうです。

ボクはザワザワした環境が好きなので、ワーキングスペースで作業していました。

テラス

TheMillenialsテラス

3階からテラスに出られます。

テラスは広くはなく、景色が良いわけでもありません。

いちばん奥に灰皿があり、タバコが吸えます。

■5階

客室(Smart Pod)

TheMillenials5階フロア

5階のフロアマップです。

小さくて見づらいですが、1フロアに20室(20 Pod)あります。

客室のことはSmart Podというようです。

客室=Podの種類は3つあります。

  • シンプルなポッド
  • アートが描かれたポッド
  • 大型スクリーンのあるポッド

今回はシンプルなポッドにしましたが、アップグレードしていただき、アートの描かれたポッドになりました!

TheMillenials廊下

廊下です。

見た感じ、ほとんどのポッドが空いています。

ワーキングスペースもロビーも空いていたし、全体的にお客さんが少なかったです。

TheMillenialsA08ポッド

今回は、5階の「A08」というポッドでした。

「Shinpei Onishi」という名前がついています。

各ポッドは人の名前でネーミングされているようです。

TheMillenialsスマートポッド

ポッドの中はこれだけ。以上終わりです笑
写真に映っている以上のものはありません。

ベッドの下にキャリーケースをしまえるスペースがあります。

ベッドの上に、iPod充電用のコードが伸びています。

ちなみにこの写真は、リクライニングが起きてソファの状態になっています。

TheMillenialsポッド入り口

ソファの状態だと、かろうじて立つスペースが確保できます。

ベッドをフラットにすると、このスペースもなくなります

ホントにベッドがあるだけ、という部屋。

TheMillenialsポッド壁紙

部屋に壁にアートが描かれています。

TheMillenialsポッド棚

頭の上あたりに、棚があります。

1泊程度の荷物なら、ここに乗せてしまえます。

TheMillenialsベッド

寝転がって脚を伸ばすと、こんな感じ。

ボクは身長180cmですが、多少余裕があります。

足の先は、廊下と部屋を仕切るスクリーンなので、あまり力を加えることもできません。

まあカプセルホテルですからね。

ベッドも広い(幅120cm)し、寝るだけなら申し分ないです。

なお、大型スクリーンのある部屋だと、この仕切に前にスクリーンが降りてくるようです。

寝転びながらYoutubeを観ようと思っていましたが、まぁスマホで十分かなと思っていたので、ボクはシンプルなポッドにしました。

iPodでの操作

TheMillenialsiPodベッド操作

ベッドのリクライニング調整はiPodで行ないます。

TheMillenialsiPodライト操作

明かりの調整もiPodです。

面白かったのはアラーム

カプセルホテルなので、周囲の音が結構聞こえてきます。

このホテルのアラームは、時刻になると「明かりがつき」、「ベッドが起き上がる」ようになっています

リクライニングが起きて上半身が持ち上がると、すぐに目が覚めました。

周囲への迷惑にもならないので、これはよかったです。

共用施設

TheMillenials洗面所

洗面所です。

この奥にシャワーがあります。

TheMillenialsシャワー前室

シャワーの前室。

脱衣所にあたる場所です。

この扉に鍵をかけられます。貴重品はここに持ってくるようにしていました

TheMillenialsシャワー室

シャワー室です。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けられています。

いわゆるオーバーヘッドシャワーもあります。

水圧はやや弱めですが、温かいお湯がでるので、ボクとしてはそれで問題なし笑

TheMillenialsトイレ

トイレです。

とてもキレイでした。

ウォシュレットもあり。まったく問題ありません。

TheMillenialsランドリー

洗濯機も備え付けられています

ボクは1泊だけでしたので、使いませんでした。

■価格その他

急な宿泊だったので、当日予約したのですが、直前割引があり、1泊のお値段4,000円ほど。

とてもリーズナブルでした。

TheMillenialsポーチ

なお、アメニティ類が入っている小さなポーチは持ち帰り自由です。

いかがでしたか?

カプセルホテルの宿泊は非日常感があり、楽しめるイベントだと思います。

今回のホテルはとてもキレイで、いい意味でカプセルホテルっぽくはありませんでしたが、とてもリラックスした時間を過ごせました

また機会があればホテルレビューをしたいと思います。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました